ナプレックブログ

日産シルビアSR20DET「シリンダーライナー」新発売!

Jul 20th, 2019

日産SR20ターボ、ノンターボ共通「銅メッキシリンダーライナー」新発売です。
ライナー外周は銅メッキを施しています。シリンダー内の熱を確実にシリンダーブロック本体に伝える為に表面処理を施しました。ライナー本体の材質はボロンを含むシリンダー専用の鋳鉄材です。
内径はノーマルボアよりも小さく製作していますので、ノーマルピストン、ノーマルボアの86mピストンも使うことができます。87㎜ピストンで使用することも当然問題無いです。


SR20DETエンジン組み付け

Jul 19th, 2019

日産SR20DETエンジンを2台組しています。S13系とS15エンジンです。
バルブタイミングも確認調整して最終段階です。
お待ちのお客様もう少しです。


日産L28‐N42シリンダー加工

Jul 18th, 2019

L28のシリンダーブロックをフル加工しています。クランクキャップボルトのサイズを太く改造し締付トルクを増します。その後にメインメタルハウジングをラインボーリング加工です。ハウジング内径を一度小さく加工しボーリングの仕上代を作ります。


Magnesium alloy crankcase 911

Jul 12th, 2019

ポルシェ911ナローのマグケースの修理。
クランプと切削刃物部分の治工具が完成したのでセッティング調整テストしています。
外径オーバーサイズメタルに合わせて1~7番ベアリングハウジング部分を拡大ラインボーリングします。
マグネシウム合金のクランクケースは変形が大きい物が多いのでこの加工は必需です。
旧車はこれからも元気だと思います。当社も頑張ります。


SR20DET Skish area TIG welding

Jul 10th, 2019

SR20DETのスキッシュエリアのノック痕部分のTIG溶接修理です。
最近のSR20はEXH側のスキッシュ面が溶けていることが多いです。当社は特殊な溶接棒を使用して溶けの部分を肉盛り修理します。しかし、日産系のエンジンはあまり溶接はしたくないんですよね。肉厚が薄いので。ランボルギーニのヘッドも薄いですが。。。
上の2枚は溶接後の画像です。下の2枚は溶接後に粗面研した状態です。


HONDA NSX C30シリンダーヘッド加工

Jul 08th, 2019

NSXのシリンダーヘッドを加工しています。バルブシートカット等です。
C30とC32ではINTのバルブ径が異なります。当然ですがC32の方が大きなバルブが付いています。また燃焼室の形状も違います。
メーカーさんは製作時に排気量とのバランスを考えたバルブ径に設計しています。


86,BRZ FA20エンジンパッキンセット 近日発売!

Jul 06th, 2019

TOYOTA86、スバルBRZ用エンジンFA20エンジンオーバーホール用パッキンセット近日発売!
当社は以前よりSR20やRB26、4AGのガスケットキットを販売しております。その新機種としてFA20用を開発しました。このキットにはヘッドガスケットは付属していませんが、実は強化タイプのヘッドガスケットも現在開発中です。純正と異なる5層メタル材のエキゾーストガスケットを2枚付属しています。また純正には入っていないバルブシールも16個付属しています。
価格は近日中に発表致します。


SR20DET(S13)カムライン修理

Jul 05th, 2019

今日もカムラインの加工をしています。今日はSR20DETのS13用です。カムキャプを他のヘッドの物を使えるようにの加工です。カムキャップが無くなってしまったり破損した際には他のエンジンのカムキャップを使いたいですよね。しかし、カムキャップはヘッドと一対で加工されているので他の物を使用する事は基本的に出来ません。その際にこのラインボーリングマシンで芯出しをしてラインボーリングします。
こんな時は当方にお任せ下さい。


RB26DETTカムライン修理

Jul 04th, 2019

今日はRB26DETTカムラインの修理をしました。
カムが回らないシリンダーヘッドをカムラインボーリングして修理です。ラインボーリングとはカムジャーナルを同芯で加工してカムシャフトジャーナルのオイルクリアランスを適正に修理します。
明日はSR20のカムキャップが無いヘッドに他のヘッドから外したキャップを取付し使用できるようにカムライン加工します。


NEWEN CNC ValveSeatMachine!NAPREC 2019

Jul 01st, 2019

NEWENマシンを2階の現場に移設しました。うちは鉄骨がかなり頑丈に入っているので、床耐荷重が高いのです。しかし、重たい機会でした。フォークリフトと1トンのチェーンブロックで釣り上げ設置です。しかし結構ギリギリでした。白い機会は今回のNEWENです。赤い機械は従来のMIRAです。人手不足なのに設備はたくさんあります。