ナプレックブログ

VR38DETTメインメタルハウジングボーリング

May 12th, 2021

VR38のシリンダーブロックのメインメタルハウジングのボーリングです。
ボルトを締め付けるとハウジングが変形してしまう事があります。
この場合は修正ボーリングを行います。削り代は0.02㎜位と非常に少ないですが真円加工します。

 


外車フロントハブ製作 A7075

Apr 18th, 2021

7075材で外車のフロントハブをPCD変更して製作しました。
総削り出しです。この後は硬質アルマイト処理です。
7075材はかなりの強度があるので安心して使えます。


台車の上で穴加工

Apr 17th, 2021

ヘッドボルトが取れなくなったのでボルトの頭部を削り取ります。
重たいので手押し台車の上に置いたままで加工をします。
この後無事に外れました。


MAZDA 13Bサイドハウジング面研磨

Apr 16th, 2021

サイドハウジングの平面研磨仕上げしました。
シールの跡でハウジングが摩耗します。この様に平面研磨を行い、最終的に表面処理を施します。


Lamborghiniカウンタック

Apr 16th, 2021

Lamborghiniカウンタックのヘッドの組立とシム調整を行います。
バルブガイドは製作して日本車のバルブシールが付くような形状にしました。


NISSAN SR20DETライナー入加工

Apr 12th, 2021

SR20DETのシリンダーブロックは高温使用だは気筒上部が溶けてしまいます。ノッキング等でも同様です。
いままではブロックを交換すればいいという状態でした。しかし、中古エンジンも少なくなり修理をする様になります。
ライナーを入れることでSR20は復活します。スタンダードサイズピストンも入れられます。
ライナーは下がってしまうなんていう事故が多くありましたら当社の加工方法ではそのトラブルも全くなく使用できます。


TOYOTA2JZビレットクランクキャップ

Apr 11th, 2021

2JZのブロック加工はこれが定番になっている。
競技で使用するシリンダーはこのキャップにしないと危ないです。パワーも以前に比べて非常に高いのでもたないのですね。
ビレットクランクキャップ→ラインボーリング


TOYOTA2JZカムライン修理(LINE BORING)

Apr 10th, 2021

TOYOTA2JZのシリンダーヘッドの修理ですが、今回はカムラインの修理です。オーバーヒートしてヘッドが歪んでしまってカムラインも曲がった物をラインボーリングです。しかし、2JZのヘッドはラインが抜けていません。6番側はふさがっています。これではラインボーリングのカッターが入りません。そこで穴を開けてしまいます。これでラインボーリングは可能になります。この穴は1JZヘッドについている半月型のキャップを取付して塞ぎます。
画像の上は加工前で下は穴を開けたところです。


TOYOTA JZ系のプロペラシャフト加工

Mar 19th, 2021

JZ系の車輛のプロペラシャフトの加工を行っています。
AT→MT用の加工になりますね。カーショップ様からのご依頼で多くのプロペラシャフトのパイプ交換とバランシングを行っています。プライベートの方からのご依頼も多くなっています。
バランシングはバランサーに取付出来る治具を作成して実施しています。
パイプ交換まで行うとバランスの狂いも少ないです。