ナプレックブログ

Lamborghini counterk LP5000

Dec 08th, 2018

カウンタックのシリンダーライナーを12本製作しました。
このエンジンはランボルギーニの中でもライナーがフローティングしたタイプです。
圧入式など色々なタイプがありますが、フローティングした物はより仕上げ加工が難しいです。
なにしろホーニングの精度出しに苦労します。クロスハッチとプラトーホーニングで仕上げします。


SUBARU Sambar EN07

Dec 08th, 2018

SUBARUサンバーのエンジン製作完成しました。
ピストンは鍛造の特注品。コンロッド、クランクシャフトは精密バランス修正。
ヘッドはポート研磨してフルオーバーホールです。このエンジンはスーパーチャージャーエンジンです。
4気筒エンジンなので、楽しいエンジンになる事間違いなし。


BNR34 GTRプロペラシャフト加工

Nov 23rd, 2018

スカイラインGTRのプロペラシャフトを加工しています。
センターベアリングキャンセルの1本形状で製作です。全パイプ交換です。
加工後は、完全ダイナミックバランス修正を施し振動対策も行います。


TOYOTA 3M(2000GT)シリンダーヘッド修理

Nov 23rd, 2018

トヨタ2000GTのカムラインの曲りを修理しました。
一旦カムハウジングを小さくして(小さくなる様にキャップを詰めます)その後にラインボーリングを実施します。3Mはカムメタルを使用するタイプのシリンダーヘッドですが、ハウジング径とラインが出ていなければカムは回りません。焼付いてしまいます。
当社はカムライン修理のシリンダーヘッドは多数行っています。


日産VG30DETTシリンダーボーリング

Nov 16th, 2018

久しぶりのVG30DETTです。昔はたくさん加工しました。最近はすごく少ないですね。
Z32は名車です。所有している人は大事に乗ってくださいね。


NISSAN L28CylinderHead P90

Nov 05th, 2018

日産の名機エンジンのL28です。このシリンダーヘッドは後期型のP90刻印のヘッドです。
N42のヘッドと大きく違うのは燃焼室の深さです。それによってバルブも2㎜程N42より短いです。
それだけ深いのです。それと燃焼室の形状も異なります。スキッシュエリアがあり、アルゴン盛りをして整形したチューニングN42の形に非常に似ています。このヘッドはシートカットと面研も実施した加工済みのヘッドです。

旧車のブームはまだまだです。これからも人気でしょう。
当社は古いエンジンは得意なので何でもお問い合わせ下さい。


RB30シリンダーブロックオイルライン溝加工

Oct 24th, 2018

RB30ブロックにオイル溝加工しています。これを入れる事でRB26のメインメタルが使える事になります。
もちろんオイルポンプもRB26の物を使います。
この加工はシルビアのSR20DETにも行います。SR20VEは純正でこの溝が入っていますがDETには無いのです。オイル管理はエンジンにとって大事です。壊さないように加工する、大事です。

加工はYZ軸の円弧切削で加工します。


PORSCHE964 3.6

Oct 19th, 2018

PORSCHE964のシリンダーヘッドのオーバーホールをしました。
バルブガイドの交換してシートカット、バルブすり合わせと面研磨です。面研は0.08㎜研磨しました。
ポルシェの定番ヘッドオーバーホールです。


日産RB26DETT燃焼室

Oct 18th, 2018

RB26DETTシリンダーヘッドの加工をしました。今回はフルスキッシュ形状です。
ノーマルの形状と同じ形状ですが、CNC加工する事で形状の気筒誤差がなくなり性能も一定になります。
容積のバラツキも当然なくなります。バルブシートはシートカットして当たり出しをしています。


日産A15特装ENGINE

Oct 15th, 2018

日産A15の特装エンジンのオーバーホールをしました。
内容は、ヘッドはバルブガイド交換、バルブフェース研磨、シートカット、面研。
コンロッド1本交換して、クランクシャフトの焼付きが有ったのでクランクピンのみアンダーサイズ研磨仕上げ。0.25㎜アンダーサイズ。シリンダーは0.5㎜オーバーサイズでボーリングホーニング。コンロッドとピストンは圧入組替です。
ガスケット類に苦労しました。エンジン本体のガスケットは入手問題ないのですが、特装部分のガスケットはその都度製作しないがらの組立です。何とかまとまりました。
このエンジンはゴルフ場で使う設備機器エンジンです。