ナプレック ワークス

IMG_4899

空冷エンジン(SUZUKIGS400,PORSCHE911等)

Feb 25th, 2016

当社は空冷のエンジン加工もすごく多いです。
空冷といいますと、オートバイエンジンですよね。そうです。旧車系です。
特に多いのはKawasakiZ1,Z2,Z1000系と、最近多いのはSUZUKIのGS400の2気筒エンジン。
あとはやはりポルシェ911系のエンジンです。930,964,993等等です。
ポルシェの加工はツインプラグの加工からクランクケースの加工やクランクの加工です。
シリンダーヘッドの加工が一番多いですね。

ありがたい事です。急いで仕上げないといけませんね。


IMG_4871

MINI1300エンジンオーバーホール

Feb 19th, 2016

分解してみました。
後期のエンジンなので、状態良いのかなと思っていたのですが、それなりに痛んでいます。
カムシャフトの山が摩耗して無くなっています。それによりバルブリフターが摩耗(画像の物)コンロッドスラスト面の摩耗、コンロッドメタルの摩耗、クランクシャフト摩耗(スラスト面含め)です。
さて!


IMG_4869

MINI1300エンジンオーバーホール

Feb 18th, 2016

旧MINIのエンジンを分解します。これからオーバーホールです。ミッション付き、クラッチ付きですね。
フライホイール素直に外れるかな。心配です。
メタル等が痛んでいそうなので心配ですね。とにかく分解して各部のチェックします。


IMG_4862

日産A12レース用オイルポンプ修理!

Feb 14th, 2016

日産純正のレース用オイルポンプの修理です。
かなりのレア部品なので慎重に取り扱わないと!
昔のTSサニーに使用されていたエンジンのオイルポンプです。
駆動ギアは破損しているしで大変です。

中のギアはトロコイドではなくギア式です。GTRのS20と同じ様に2個のギアが並んでいるタイプです。
さて修理、製作進めましょう!


IMG_4857

SR20DE(NA)シリンダーブロック改→ターボブロック仕様加工

Feb 13th, 2016

中古SR20エンジンも最近ではターボの物が少ないですね。あっても状態の悪い物が多いです。シリンダーの上面が溶けていたり等々。
そこでNAのシリンダーブロックをターボに使える様に加工する事が有ります。これはお勧めです。
中古エンジンもNAは比較的安価で買えますし状態もいい物が多いです。

NA=シリンダー下部のオイルジェットが無い→穴加工してオイルジェットが取付出来る様にします。
NA=ターボへ行く油圧穴、水穴無い→穴加工してラインを取付可能にします。
NA=ターボからの戻りオイルライン穴無い→穴加工してオイル戻りを可能にします。
基本的には、NAシリンダーもターボも型は同じで加工がされているかされていないかです。

当社は上記の加工を実施して42,000円(税別)で行います。
これでターボ用のシリンダーブロックになります。


IMG_4807

TOYOTA 2JZエンジン改3.4リッター

Feb 10th, 2016

最後のオイルパンの内部バッフルの改造加工です。
オイルパンの中でオイルが少しでも偏らない様にバッフルを加工しました。
横のオイルだまりにオイルが偏ってしまわない様にサイドフィン的な物を製作取付です。
このエンジンはスープラなので真ん中溜めのオイルパンですので前パンの物はこれから開発します。


IMG_4731

DATSUN SR311 U20

Feb 09th, 2016

フェアレディSR311のピストンです。
奥に写っている黒くカーボンが付いている物が本物のU20ピストンです。
もうこのピストンが無いので代わりに流用出来るピストンを用意しました。日産純正品です。
手前の新しい物がそうです。全てのサイズは同じなのですが、頭部のディッシュ部のみが異なります。
U20の本来の物はフラットトップなのですが、これはディッシュです。
なので若干圧縮比が下がってしまいますが、ヘッドとの容積をチェックして問題の無い様にし使用します。
とにかく古いエンジンパーツは無い物が多いので困ります!


IMG_4837

CRANK SHAFT(クランクシャフト整理中)

Feb 08th, 2016

クランクシャフトの棚を整理しています。
しかし、色々なクランクがあります。L28、LD28、RB26、SR20、S20、930、964、GPZ1100、単気筒組立式クランク等など
棚を整理して段取りをとりやすくしています。
やる事がいっぱいです。


28537193-97AB-45F9-A4EE-E78FCE1996B6

TOYOTA 2JZエンジン改3.4リッター

Feb 05th, 2016

ここまできました。
ヘッド合体してバルブクリアランス調整しました。当然バルブリフターはシム一体のリフターシムです。これを使うことで部品点数は減りますし軽量化にもなります。
バルタイも調整して、VPチェックを行い完全な状態です。
もう少しで完成です。楽しみですよね。どんな調子になるのかって。
エンジンって組付けして完成まじかになるとわくわくしてきます。

この後はSR20とM型とRB25とMINIのエンジンがオーバーホール待ちしています。
頑張ります!


IMG_4792

EJ20シリンダーヘッド(BeCu)

Feb 01st, 2016

またベリリューム銅のシートリングです。最近多いです。ベリリュームシートにするシリンダーヘッド。その中でもEJ20は数台やっています。
ベリシートはバルブを保護しますし、通常のシートリングよりも燃焼室内の機密も保持してくれます。熱にも強く頼もしいです。
価格が高価ですので、そこが悩みどころです。

当社はチューニングカーの性能が少しでも高くなり安心して使える様なエンジンとエンジン部品を加工していきます。