ナプレック ワークス

image

SR20VE改 CNC Full circle

Feb 13th, 2015

SR20VEのシリンダーヘッドの加工しました。当社のBIGバルブを入れる加工と燃焼室のCNC加工です。
シートリング入替無しでギリギリ入るサイズのBIGバルブです。

最近問い合わせ依頼が増えたSR20VE!
とにかくトラブルの出にくいシリンダーヘッドロッカー構造と可変カムが魅力的です。このヘッドをシルビアのSR20に搭載してFRで使用します。
元々横置きのエンジンなので、いろいろと付属品の加工が大変ですが、人気があります。

このエンジンはNAですので、燃焼室容積が小さいです。SR20DETのヘッドと比べると約5cc小さい、41~42ccです。
これを、この画像の様に当社のNC加工フルサークル形状にして、、やっとSR20DETヘッドと同じ位の46ccになります。
でも、ある意味丁度いいのかもしれないですね。フルサークル形状でSR20DETのノーマルと同じ容積になるので。

あと、SR20VEヘッドの加工待ちが4台あるぞ!頑張ろう~。


image

2JZ 腰下組み

Feb 08th, 2015

クランクキャップをスチールに変更しラインボーリングした2JZです。このエンジンはストリート用なので、クランク本体はノーマルですが、その他はフルチューンになっています。

最近多い2Jエンジン、人気なのはパワーが出て壊れにくいところです。初めの頃は、こんなにボアピッチの狭いエンジンはすぐに気筒間圧縮抜けでダメだろうと思っていました。それが結構大丈夫なのです。最近クランクキャップ割れは起きていますが、メタルは問題無いです。

これに替わるエンジンはどれになるのでしょうか。それとも無いのか?


image

Daigo saito

Feb 06th, 2015

太吾の会社に2Jエンジン加工の引き取りに行ってきました。ブロックのクランクキャップの加工です。

初めての工場訪問です。新築で綺麗な工場でした。

真っ赤なトランポが2台も置いてありスゲーの一言でした。

image


image

KawasakiZ1エンジン加工

Feb 05th, 2015

Kawasakiのオートバイエンジンの加工を行います。このエンジンはZ1のエンジンで、オートバイエンジンの中で一番多く入庫してくるエンジンです。
画像はまるで組付けされているかの様ですが、重なっているだけなんです。これからヘッド、シリンダー、クランクケースと加工をする為にこんな風に重ねてあります。
逆輸入車だからなのか結構熱が入ってしまっているエンジンが多いですね。
ネジ穴などもみな治してバルブガイド入替してシート加工です。シリンダーも同様です。ライナー抜いて適正な締め代になっているか確認してボーリングホーニングの加工をします。ケースもオーバーサイズシリンダー加工などを施します。

うちはオートバイのエンジンの組付け作業はしていないので、加工のみで~す。m(__)m