ナプレックブログ

製作物

Jun 08th, 2009
2JZ用チタンリテーナー&特注ファンネル

2JZ用チタンリテーナー&特注ファンネル

2JZ用のチタンリテーナーを製作しました。もちろんバルブスプリングも強化品の物です。荷重は、セット荷重が高めになるような物にしました。これで、結構回せると思います。
表面処理は、おきまり!チタンコーティング処理です。磨耗、カジリが最小限になるような対策です。

青いエアーファンネルは、6個だけ特別に製作しました。長さや径をお客さんの指定どおりに製作です。

エンジン仕事が多い中で、この様なNC旋盤仕事での製作物も結構やっています。


SR20DET

Jun 07th, 2009
SR20DET腰下組付

SR20DET腰下組付

SR20DETの腰下の加工一式を行い、組立です。

腰下だけの組立ですが、いまSR20だけでも数台あります。
このブロックは、スリーブ入れ加工一式とクランク・コンロッドの点検バランスを行いました。
ピストン本体は中古で再使用ですが、シリンダー内面(スリーブ)は新品になったので、ピストンリングを新品にし、ピンクリップも再使用しませんので、新しい物に交換しました。メタル類はNISMOの物でオイルクリアランス確認調整しての組付けです。
そうそう、ピストンのスカート部にモリブデンコーティングを施しました。

これから、梱包して出荷です。


Volkswagen ヴァナゴン

Jun 06th, 2009
ヴァナゴン クランクケース

ヴァナゴン クランクケース

Volkswagenのヴァナゴンです。クランクケースです。

ワーゲンの代表的なエンジンは水平対向空冷エンジンですが、このヴァナゴンは水平対向水冷エンジンです。写真で見えている部分は片側の気筒部です。水冷なので水が通るようになっているの分かりますよね。

今回は、このウォータージャケット内で水にさらされているヘッドボルトの折れ込みの修理でした。水の中にヘッドボルトが通っているから、ボルトが錆びてしまい折れてしまったようです。

しかし、空冷のクランクケースと基本設計が同じで、無理して水冷にした風のケース!驚きですね。

でも、搭載されている車は、雰囲気のいい人気のある車です。
LLCをしっかり入れて定期的に整備をすれば長く乗れて楽しめますので、手抜きしないで頑張りましょう。


ベリリューム銅材シートリング

Jun 05th, 2009
SR20DETベリリュームシートリング

SR20DETベリリュームシートリング

昨日も紹介しましたが、ベリリューム銅を使ったシートリングの入ったヘッドです。

今回はSR20のヘッドです。(昨日の画像でチラッと写っていたヘッドです)
マシニングセンターで燃焼室加工を終わらせたところです。ヘミサークル形状で加工しました。

このヘッドはD1グランプリで使用するヘッドです。

このエンジンは結構スペシャル仕様なのです。今度詳しく紹介する予定ですので、もうしばらく待ってください。


ベリリューム銅材シートリング

Jun 04th, 2009
ベリリューム銅シートリングヘッド

ベリリューム銅シートリングヘッド

RB26DETTのシリンダーヘッドをフルベリシートに加工しました。最近多いですよ!
フルベリシート。レースに使用するには最高ですからね。

写真の奥に写っているヘッドもフルにベリリューム銅のシートリングを入れたSR20DETヘッドです。
このSR20は、D1グランプリに使用するヘッドです。


ホンダB18腰下

Jun 03rd, 2009
HONDA B18 腰下

HONDA B18 腰下

HONDAのB18エンジンの腰下のオーバーホールが入ってきました。
ありがとうございます。

このエンジンはピストンクリアランスをしっかりと出して加工仕上げをしないと、割と早くにオイル上がりの症状が出てしまいます。オープンのジャケットなので変化しやすいのだと思いますが、注意です。

フルバランス加工と組付け等を予定しています。

最近、ライトウエイト4気筒エンジンが増えてきたかも。。。

日産SR20の腰下加工と組付けも今3台位あります。


FERRARI F355

Jun 02nd, 2009
フェラーリF355バルブガイド

フェラーリF355バルブガイド

フェラーリF355のバルブガイドを作りました。これは、ワンオフでの製作です。オーバーホール時にその都度製作しています。
磨耗を考えて、INTとEXHの材質は異なる物で製作します。

分かりますか?鍔つき形状(ツバつき形状)なの。しかも45°の角度の付いた鍔!この45°部分がヘッドに着座してガイドがとまっています。もちろんヘッドの方もこの形状角度で加工がされているんです。
とうぜん、フェラーリ純正でなっているんですよ。
これは、バルブガイドの周りからオイルが下がらない為の工夫ですね。

当社では、ガイドを挿入する際専用治具を作り、かなり気を使い挿入します。
バルブの傾斜角度も放射状角度なので、シートカット加工も気を使いますよ。

↓ これがヘッドオーバーホール加工が完成した姿です。

フェラーリF355ヘッド加工完成

フェラーリF355ヘッド加工完成


英車スリーベアリング式ブロック

Jun 01st, 2009
英車-A型エンジン

英車-A型エンジン

英車のA型エンジンの腰下加工です。

一見するとMiniのエンジンみたいですが、これは、多分MGミジェットの物だと思います。エンジン型式がA型とMiniと一緒なので、ほとんどの部品が共通です。

今回、メインベアリングキャップのセンターにスティフナープレート取付加工を実施します。それから、クランクはもちろんバランス修正を行います。

このクランク分かりますか?社外のハイパフォーマンスクランクです。おそらく4340材からの削りだしです。かっこいいですね。


kawasaki GPZヘッド

May 31st, 2009
忍者系のシリンダーヘッド

忍者系のシリンダーヘッド

Kawasakiのオートバイのシリンダーヘッドです。

これから加工をするところですが、このヘッドを見るたびに毎回「ほほー」って思うのですが、EXHポートがDポートになっているところです。形はD形状ではないですが、働きはいわゆるDポートだと思います。

Dポートってオーバーラップ時に排気管内から排気のガスが戻されない様に段差を設けることです。タコ足(EXHマニホールド)とポートの段差を使い逆流作用を無くすようにします。

カムのバルタイ(オーバーラップ)とEXHマニホールドの関係は親密なんです。


日産SR20DETシリンダーブロック

May 30th, 2009
SR20シリンダーブロック鋳込部

SR20シリンダーブロック鋳込部

SR20のブロックを拡大加工しています。

SR20って鋳鉄製のライナーが鋳込んであります。鋳込みというの知っていますか?
鋳造する際に異なった部品を中に入れてしまうことです。鋳ぐるみともいいます。

上の写真は鋳込みされているシリンダーライナー部が外れたところの姿です。鋳鉄のライナーの周りに溶けたアルミが回り込んで行き鋳込みされるんですが、完全には密着していないんですよね。写真で分かるように、しわがよって空洞になっています。熱伝導はどうなるんでしょうか!

でも、仕方ないですよね。鋳込みは。。。

下の写真は抜け落ちた鋳込みライナーです。↓

SR20鋳込みライナー

SR20鋳込みライナー