ナプレック ワークス

デアブロのカムキャップ製作のその後

May 30th, 2014
Lamborghini2

Lamborghini2

デアブロのヘッドはこんな感じに仕上がりました。痛んでいた部分を溶接して肉盛りしラインボーリング仕上げです。

気を遣うし治具を作りながらの加工なので、時間かかるし、頭も使うので苦労しました。

製作したキャップを取付してラインボーリングした状態が下の写真です。

Lamborghini3

Lamborghini3

 


355シリンダーヘッド修理

May 28th, 2014
FERRARI F355ヘッド修理後画像

FERRARI F355ヘッド修理後画像

やっと355のヘッド修理が終わりました。修理か所は画像の左のヘッドの手前2番目の燃焼室です。溶接してシートリング入替して、バルブガイドも入替しました。

355は油圧リフターなので、シム調整不要ですからこの後洗浄してすぐに組付け出来ますね。組付けはCORNESさんでの作業となると思います。


試作バルブ(インコネル材 Inconel )

May 27th, 2014
Inconel

Inconel

試作のバルブです。今後この材質で製品を作れないか前々から計画していた物の試作品が出来上がりました。製造メーカーさん鍛造屋、仕上げ屋さん共に協力してもらい実現しました。
まだ試作なので、今後どうなるかは、価格等も含めて検討していきたいと思います。


トヨタ M型

May 25th, 2014
M型エンジン

M型エンジン

初期型のM型エンジンです。オーバーホールでお預かりいたしました。

これから分解しますが、部品の入手が心配ですね。

順調に揃えばいいのですが~!


S20エンジン腰下組付け

May 24th, 2014
S20腰下

S20腰下

腰下の組立が終わりました。
最近多いS20エンジン!いろいろ特徴があるエンジンなので、加工から組付けまでの流れが多いです。

ブロックの上面はメタルヘッドガスケットを使用する為に面研磨しました。
ライナーが0.05㎜程度飛び出ているのでメタルガスケットえすと、水漏れがおきるといけないので。


お客様の車輌

May 24th, 2014
Z1

Z1

KawasakiのZ専門のお客様のお店です。

納品に行った際に見つけたカッコいい車両です。このスタイルはここのショップさんのお決まりのスタイルです。

ここのショップさんに行くと芸能人の人や往年のグランプリレーサーの人に良く会います。

みんなこのスタイルのKawasakiZ1が好きな方ばかりが集まっています。

 


RB26DETT INTポート

May 20th, 2014
RB26DETTインテークポート

RB26DETTインテークポート

ポートの加工を考えようと思い穴をオスにしてみました。流動性のある溶剤に硬化剤を混ぜて流し込み型どりです。

さあこれから輪切りにして、3D-CADでフェイスを貼って検討しましょう。

 

RB26DETTインテークポート

RB26DETTインテークポート


S20エンジン腰下組付け

May 17th, 2014
S20亀有さんピストン

S20亀有さんピストン

最近特に多いS20エンジンです。

亀有さんから販売している鍛造ピストンでシリンダー加工しました。
83㎜のピストンです。ライナーはそのままでのボーリングホーニングです。ライナーそのままですが、ライナー下部のOリングは交換しました。1気筒に2本のOリングが入っています。ゴムなのでオーバーホール時は交換したいですね。

クランクはアンダーサイズで研磨してその後に熱処理をしています。当社のSQ処理です。S20はアンダーサイズ研磨後に熱処理しないとジャーナル部が直ぐに痛んでしまいます。

S20腰下

S20腰下

 


カートエンジン

May 10th, 2014
カートエンジン

カートエンジン

カートのエンジンです。単気筒の2ストエンジンのピストンですが、カッコいいですね。

まあリングは1本は当たり前ですが、表面処理とピストンピン穴を塞いでいるところ等いいですね。

2次圧縮を上げるための工夫ですよね。ケース内もすごく無駄の無い形をしています。

下の写真は、ヘッドガスケットというかデトネーションリングというか、ここも拘りの部分ですね。

カートエンジン2

カートエンジン2

 


Lamborghiniミウラ

May 02nd, 2014
ミウラ

ミウラ

ミウラのシリンダーヘッドの修理です。カムキャップの取付ボルトが折損しています。

緩めているときに折れた様なのでヘッド本体とかじっています。ネジ部にアルミが固着してしまって緩まずに折れた感じです。

油分が無い状態ですとアルミはかじりますからね。

話は変わりますが、ミウラのヘッドは設計が本当に特殊ですよね。INTのポート口の位置です。INTマニホールドを取付する部分です。ヘッドの中央にあるんです。

INTとEXHのカムの間です。製造も大変だろうなと思います。

このヘッドは燃焼室の一部を修理して、シートリングも有鉛シートから無鉛シートへ交換し、バルブシール取付しないタイプのバルブガイドをバルブシール付きタイプ変更に製作などをしました。

ミウラ2

ミウラ2