ナプレック ワークス

プリンスG7エンジン

Mar 21st, 2013
G7

G7

プリンス時代の日産G7エンジンのクランクプーリーを製作しました。

画像の黒い部分です。周りの白い所は純正品を塗装してある物です。

Vベルトのかかる部分で現物合わせで製作しました。材質はお決まりの鋳鉄材です。


VR38-4.1 Crankshaft

Mar 20th, 2013
VR38-4.1 クランクシャフト

VR38-4.1 クランクシャフト

 VR38のクランクシャフトです。純正品ではなく社外のロングストローククランクです。念のためバランスを点検しました。V型は皆さんご存知の様にBOBウエイトを乗せてバランス取りをします。ピストンの重量、コンロッドの重量、メタルやリング、ピンの重量を実測し往復質量と回転質量を出します。その後BOBウエイト計算します。

エンジンの味付けで振動を残すこともありますが、最近のエンジンは静粛性を重視しますので、振動無しを目指して様々な部品が設計されています。

このクランクシャフトも前後に各1個バランス調整用の重金属が埋め込まれています。さすがですよね。

今後この手のクランクバランスの仕事が増えるのならば、在庫しないとな~重金属丸棒。


RB25DET-NEO6

Mar 18th, 2013
NEO6燃焼室加工

NEO6燃焼室加工

RB26DETの燃焼室加工を行いました。プログラムを新規に作成しての加工です。燃焼室がRB26に比べて浅いのでフルサークル形状よりもフルスキッシュ形状の方を先に作成しました。

形状測定からプログラム作成し加工まで、苦労しました。


VQ35DE-PIN

Mar 16th, 2013
VQ35ブロック加工

VQ35ブロック加工

VQ35DEブロックのウォータージャケットに強化の目的でピン打ちをしました。

これでヘッドガスケット抜けの防止になりますし、シリンダーの変形を抑える事になります。

最近多い加工の一つですね。


SR311-U20

Mar 15th, 2013
U20腰下

U20腰下

SR311のU20エンジンの加工が終了しました。

これから組立の準備に入ります。

シリンダーブロックにバルブの逃げ加工を追加して、シリンダー内はホーニングです。

旧車は部品が少ないので再使用する部品も出て大変です。


TOYOTA 2TG(16V)

Mar 11th, 2013
2013-32TG151-1

151

TOYOTAn2TG-16Vヘッドです。
シートリング入替して全てオーバーホール加工を行います。

バルブは最近のエンジンの物を流用しての加工です。
レーシングエンジンなのでINTポート等カッコイイですね。

151

151


Rover V8

Mar 09th, 2013

スリーブ打ち修理

Roverのシリンダーにスリーブを入れました。

この加工はすでに数台やっている実績があります。調子が良くなるとの事です。

当方はブロックの加工だけを単体で行っています。


MINI(マイカー)

Mar 08th, 2013

塗装上り

マイカーの塗装があがりました。

これから組立関係ですね。仲間の皆さん続きの作業宜しくお願いします。
まだまだですよね。

フロント周りは一体化です。整備性はすごくいいですよ。

マイカー


FerrariV12ボルト抜き

Mar 05th, 2013

V12

ヘッドスタッドボルトの抜けないものを抜き取ります。

Ferrariのシリンダーヘッドボルトはブロックの中下方にタップが切ってあります。そのためにボルトが抜けなくなる事があります。
一本一本芯出しを行い削り取ります。

芯だしが重要です。


34祭り

Mar 04th, 2013

富士34祭り

スカイラインのR34ばっかりです。 そうです。34祭りの集合写真です。

86

これは、あの人の86ですね。D1車両です。