ナプレック ワークス

RB26DETTヘッド修理

Jul 29th, 2011

ヘッド溶接修理

 

RB26DETTのシリンダーヘッドを溶接して修理します。

かなり激しく溶けてしまいましたね。アルゴン盛りすると少し弱くなるので再度溶けてしまったり歪んでしまったりが心配ですね。
頑張って直します!


ドライサンプ用OILタンク

Jul 22nd, 2011

OILタンク

ドライサンプ用のOILタンクです。
ドライサンプに変更する加工がまた入ってきました。

今度は、TOYOTAエンジンです。

日本でもドライサンプ式への変更が注目されてきましたね。


VR38 & C32

Jul 09th, 2011

比較!

 

日産GTRのVR38のシリンダーヘッドとホンダNSXのC32シリンダーヘッドを並べてみました。
ぱっと見形が似ていないですか?私は最初にVR38のヘッドを見たときに似ている~って思いました。

右側がVR38で左側の物がC32です。
排気量が違いますがバルブのサイズなど似たような感じです。さすがのホンダエンジン。
私はC32ヘッドも大好きです。細かいところの形等が加工する者にとってありがたいところ、分かりやすいところが沢山あります。


ダイレクトプロペラシャフト

Jul 08th, 2011

スカイラインGTR

 

GTRのプロペラシャフトを1本物で製作しました。
重量も軽くなるしダイレクト感も増すので調子いいです。

ダイナミックバランスもバッチリとって仕上げています。


VQ35DEピストン頭部加工

Jul 07th, 2011

VQ35ピストン

 

日産のVQ35用のピストン頭部加工を行いました。

バルブリセス加工とドーム部の加工です。
圧縮比を考えながらの加工なので、1気筒だけのダミーシリンダーを製作してピストンを挿入し、容積を測定しながらの加工です。
肉厚も測定し狙ったドーム容積になる様に慎重に加工しました。

このピストンはピンオフセットも無くリセスもINT用の傾斜角と大きさで加工します。

さて、この後はシリンダーの仕上げボーリング・ホーニングとダイナミックバランスです。
ピストンが10g程度軽くなったのでダミーウエイトも調整してのバランスを行います。


4G63 COSWORTH(コスワース)

Jul 06th, 2011

COSWORTH

 

三菱の4G63の腰下の組付けをしました。COSWORTHクランクシャフトとピストン、コンロッドです。
上の写真はクランクピン部のアップです。このクランクシャフト強烈に硬いです。硬度が高いのです。本当に驚きです。それに、この軽量加工でイヤイヤさすがです。もちろんバランスの精度も高いし、言うこと無しのクランクでした。

4G63腰下


バルブシムの製作

Jul 04th, 2011

アウターシム製作

 

BMWのバルブシムの製作をしました。通常では販売していないサイズのシムです。
35mm外径くらいの大きさのアウタータイプのシムなので焼入れに気を使います。

硬度は標準ノーマル品を実測して同じ程度に焼きます。

もちろん、熱処理屋さんに出しての処理です。真空焼入れ式でしっかりと硬度アップします。


クロモリ製バルブリテーナー製作

Jul 01st, 2011

クロモリリテーナー製作

 

クロモリのバルブリテーナーを製作しました。

クロモリっていう材料名を聞いたことのある方は大勢いると思います。クロモリって別に黒色した材料ではないですよ。
クロームモリブデンを短く表現しているだけです。
正しくは、クロームモリブデン鋼です。記号ではSCMです(S=鋼(スティール) C=クローム M=モリブデン)
クロモリ鋼の中で当社は440Hという材料を使用しバルブリテーナーを製作しています。
SCM440Hです。この数値は、カーボンの含有量などを表しているんです。
硬度はJIS規格の熱処理硬度です。Hrc28~32位でしょうか。

全加工後に表面は錆びないような処理を行っています。

画像のリテーナーはVolkswagenのタイプⅠエンジン用の物です。バルブリフトの高いカムシャフトに対応する為にスプリングセット長を変更するリテーナーです。