ナプレックブログ

シリンダーヘッド修理します。

Mar 06th, 2009
溶接後シリンダーヘッド964

溶接後シリンダーヘッド964

燃焼室傷だらけの部分を溶接肉盛りを行いました。

バルブガイドの穴も一度埋めてしまいましたが角度を出して再度穴加工し復活しました。

さあ!まだまだ工程が残っていますが、頑張って修理します。


隼・Hayabusa

Mar 06th, 2009
隼・トライク

隼・トライク

前から見るとこんな感じです。

 

(@_@;)


隼・Hayabusa

Mar 06th, 2009
隼・トライク
隼・トライク
夕べ近所の工場に行ってこんな車輌を見ました。
隼の3輪です。すごい迫力の車輌でした。
いい作りの車輌でした!

35GTR

Mar 05th, 2009
35GTR(VR38)シリンダーヘッド上面側

35GTR(VR38)シリンダーヘッド上面側

シリンダーヘッドの上面側をチラッと見てみましょう!

こんな感じです。シンプルでしょ。

カムラインの加工がTOYOTAみたいな加工方法です。貫通していないカムラインです。

バルブリフターの径も大きいので、リフトも大きく稼げそうです。
プロフィール設計楽しそうです!


35GTR

Mar 04th, 2009
35GTR(VR38)シリンダーヘッド
35GTR(VR38)シリンダーヘッド

これが35GTRのシリンダーヘッド燃焼室です。

なかなかシンプルな形状です。直打式のバルブ系の構造です。
チューニングしてみたいヘッドですね。

少し残念なのが、シートリングに余裕が無いところですね。肉厚、高さ寸法的に少し不安が・・・!
しかし、バルブの材質もVQとは違い、□□□になっている感じですし、リフターの表面処理も良いのしてますし、こだわりを感じます。

あと、バルブスプリングはセット時の荷重をかなり気にしたスプリングでした。◎!


35GTR

Mar 03rd, 2009
GTRシリンダーブロック

GTRシリンダーブロック

すごい物を見てきました。

当社のお取引先のザウルスさんで35GTRのエンジンを分解しているっていう事なので見に行ってきました。

画像は、35GTRのVR38のシリンダーブロックです。

VQ35のシリンダーブロックとはまるで異なった作りでした。特にブロックのあれが・・・それとクランクの○○○が・・・と、コンロッドの△△△が・・・でした。

このエンジンベースにフルチューンしてみたいですね。更に手を入れれば、まだまだパワーがでます。


シリンダーヘッド修理します。

Mar 02nd, 2009
修理前のシリンダーヘッド964

修理前のシリンダーヘッド964

先日、中空のバルブだけを紹介しましたが、実はこのヘッドです。かなり重症の壊れ方ですが、何とか治したいと思います。

だた~し。結構大変な作業なので苦労苦労だと思います。

頑張ります!


RB26DETTオイルパン

Feb 26th, 2009
img_00234

RB26DETTオイルパン=洗浄前

RB26のオイルパンを加工します・・・が

結構汚れているので洗浄ですね。

デフ内に洗浄液が入らないように注意しながら洗います。

しかし、なんでこんなに黒いんでしょう?


2009年D1グランプリ

Feb 26th, 2009
D1斉藤選手マシン
D1斉藤選手マシン

2009年D1グランプリの準備がすすみます。
画像は斉藤太吾選手の車輌です。

本日、メンテナンスを行っている、フナッツさんで撮影しました。

基本的には2008年の車輌をそのまま使用しレギュレーション変更に伴った改造を進めています。

今年も当社は応援していきます。


チタンリテーナー

Feb 23rd, 2009
チタンリテーナー

チタンリテーナー

チタン合金でバルブりテーナーを製作しました。
ワンオフで8個だけの製作です。

これは日産の4気筒8バルブエンジンでレースに使用するエンジンです。

バルブリフトを測定し、バルブスプリングの線間密着も荷重もセット長も確認決定しての設計です。単品製作も量産するのもしっかりと設計が必要です。

コッターの収まるテーパー角度は、見本のリテーナーを当社の3次元測定機で測定し図面化します。