Welding type Oil pan

Oct 21st, 2017

Today we’re welding together an aluminum oil pan for a 6 cylinder engine.
The weld structure is processed using a sharpened block mounting flange and the back and surface are firmly welded.
It will not be annealed, but it is a very firm weld.

After this, we will finish the flange surface and the work is complete.


FERRARI308

Oct 07th, 2017

Today we’re tending to the wounds of a FERRARI 308 by weld repairing the cylinder head which has a crack in the combustion chamber.
We will perform checks, pre-welding treatment, then laser weld by melting with light and welding it as shown in the image.
Of course, after this we will perform a pressure check to confirm there are no leaks.

There have been many repairs similar to this as of late.
The engine that has had the most crack repairs is the Nissan S20.
We still have 6 head crack repairs to tend to after this.


FERRARI308燃焼室修理!

Oct 07th, 2017

FERRARI308の燃焼室内にクラックのあるシリンダーヘッドを溶接修理しています。
溶接前チェックして、溶接前処理、その後に画像の様に光で溶かして溶接するレーザー溶接をします。
もちろん、この後は圧検を行い漏れの無いかのチェックをします。

最近この様な修理が多いですね。
一番多く亀裂修理するエンジンはダントツで日産S20です。
いまも6台程クラック修理のヘッドが来ています。


日産GTR VR38DETT CylinderHead

Sep 29th, 2017

VR38シリンダーヘッド加工しています。
今回はCNCポーティングとCNC燃焼室の加工です。バルブシートはシートカットのみですが、いい仕上がりになると思います。VR38は何度見てもいいエンジンですね。
クランクシャフトもバランス取り直しております。


日産GTR VR38DETT CylinderHead

Sep 29th, 2017

We’re working on a VR38 cylinder head today.
This time we’re going to do some CNC porting and processing the CNC combustion chamber.
The crank shaft has been rebalanced, and the valve seats will just get a cut, but we’re sure it’ll be a great finish.
I can never get tired of looking at these engines…


TOYOTA 2JZCylinderblock

Sep 25th, 2017

TOYOTAの2JZが数台纏まってきました。
ビレットクランクキャプも数台加工中です。
全て9月末には納品したいので今日も頑張っています。
DummyHead増産しないと間に合わないぞ!


TOYOTA 2JZCylinderblock

Sep 25th, 2017

Several Toyota 2JZ’s have been assembled.
Many billet crankcaps are also being processed.
We want to get all these out by the end of September, so we have our work cut out for us.
Still have to make those dummy heads for the blocks, gotta kick on the turbo!


Lamborghini Diablo V12

Sep 23rd, 2017

We’re working on fixing up this guy today, the Lamborghini Diablo V12 cylinder head.
This engine had a cam line failure, and we’re going to be making new caps for it.
The image shows the engine about to undergo line boring. Since the diameter is small, we’re being extra careful with this one.
The thrust surface also looks banged up, so we’re going to fix up the end face as well.
We talked about cam caps in an oder blog, but they’re made through designing them in 3D-CAD and CADCAM, then cutting them out.


Lamborghiniディアブロ

Sep 23rd, 2017

ランボのV12ディアブロシリンダーヘッドの修理です。
カムラインの焼付きの修理ですが、キャップを作り直しての修理をしています。
画像はラインボーリングを実施するところですが、小径なので非常に気を使います。スラスト面も痛んでいますので端面修正もしましょう。
カムキャップは以前に紹介したと思いますが、削り出しで製作した物で、3D-CADとCADCAMでプログラミングし切削です。


PORSCHE911シリンダーホーニング

Sep 21st, 2017

PORSCHE2.7の空冷シリンダーの内径加工です。ピストンクリアランスの調整ホーニングです。
当社はニカジルシリンダーもホーニング加工出来ますので、たまに行います。
ダミークランクケースとダミーヘッドも作り合体してのホーニングです。

PORSCHEの空冷エンジンは一部の年式以外はすべてニカジルメッキ処理のシリンダーです。
マーレ社が開発したメッキ処理でニカジルメッキと言います。もの凄い硬度のメッキ処理でありながらしっかりと油を含んだ表面であり、もっとも内燃機関に適したメッキです。アルミシリンダーの表面に直接処理が出来る事もいい点です。
日本国内では数社このメッキをする事が出来ますが電極を作り固定治具等も製作しますので、大変な費用がかかります。またピストンリングも選びますので要注意です。特に硬質クロームメッキのピストンリングとは相性が悪いので。。ナイトライドリングならばいいかと思います。

私も国産エンジンを改造してアルミニカジル化してみたいですね。